なぜなに札幌市

札幌相続相談案内

札幌の相続について

自分自身や親族が札幌に住んでいるという場合、いつかは相続の問題に直面することがあるかもしれません。親しい人が亡くなるというのは大変悲しい事ですし、正直考えたくない事であると思います。しかしいつかは訪れる問題でもあるのです。

札幌は北海道の大きな都市です。人口に占める若年層の割合も比較的多く、北海道内の各地方出身の人々が移り住んでいるというパターンがあります。その理由としては進学や就職などのタイミングで都会で札幌へ出るという事が多く見られるためです。しかし出身が地方である場合や、親族も北海道の各地方にバラバラに住んでいる場合などにおいては、相続をする際に手間がかかるという問題があるのです

相続においては、戸籍などを取り寄せる必要がありますが、これが札幌から離れた地方であった場合には郵送などで送ってもらう必要等があります。そのため相続の手続きが煩雑になり、亡くなった故人の遺品整理等もある中で非常に苦労するという実例が多くあるのです。

札幌郊外に大きな土地を持っている場合

北海道内で酪農家や農家を営んでいる方であれば、大規模な土地や、事業用の財産をたくさん持っている場合があります。こうした財産を受け継ぐ場合には、遺産分割協議書を作成したりして、登記の変更を行う必要がある場合もあります。こうした手続きの流れそのものも複雑である場合が多く、はじめての方にとっては非常にわかりにくいという問題もあります

相続って何をすることなの?

相続ってテレビや電車内の広告で見かける事がありますよね。簡単に言えば、ある人が亡くなった時に、その人が持っていた財産を残された人に分け与える事です。財産といっても、単に預金口座の残高や家財道具など単純なものだけではありません。まず「財産」といっても全てがいわゆるプラスの価値を持つものだけではないのです。借金など、マイナスの価値を持つ財産もたくさん存在しているのです。不動産や自動車については、それぞれ独特な手続きが必要になります

プラスの財産とは?

プラスの財産とは、その名の通り利益になる財産のことを指します。例えば土地などの不動産や、預貯金、現金などが挙げられます。また手形や小切手といった有価証券、知的財産権、ゴルフ会員権など様々なものがプラスの財産となるのです。

こうした財産は、積極財産とも呼ばれることがあります。

マイナスの財産とは?

マイナスの財産とは、言葉の意味が矛盾しているかのように感じられるかもしれません。しかし実際に「マイナスの財産」というのは存在するのです。例えば亡くなられた方に借金などがあった場合、その財産を相続してしまうと、相続した人がその借金を支払わなければならないという事になってしまいます。

こうした財産は、消極財産と呼ばれることがあります。

不動産の登記について

不動産を相続する場合、その登記を変更する必要がある場合があります。登記の変更には戸籍謄本の写しなどが必要であったりするため、それが保管されている市町村などから取り寄せる必要があります

自動車について

自動車については登録されている名義が故人のものであった場合、名義変更等をする必要があります。陸運局などでその手続きを行う事になりますのでこの点についても注意しておきたいところです。

札幌でどのように相続するのか?

財産にはプラスがあったりマイナスがあったりする中、それらをどのようにして相続するかは以下の3つから選ぶ事ができます。ここで重要になるのは亡くなった方がどんな財産をどれくらい持っているかという事になります。プラスの財産がマイナスの財産よりも多いのかどうかをしっかりを見極める必要があります。基本的に借金は受け継ぎたいものではありませんし、マイナスの財産が多ければ相続を放棄する必要があるのです

単純承認

単純承認とは、財産をすべて受け継ぐという事になります。つまりプラスの財産も受け取りつつ、マイナスの財産についてもその負債を負う事になってしまいます。ですからこの場合は借金などより、プラスになる財産が多いことが前提になります。

限定承認

限定承認とはプラスの財産が多いのか、マイナスの財産が多いのかよくわからない場合に使用される事がある方法です。これはプラスの財産からマイナスの財産を引き、プラスの財産が上回った場合に相続をするというものです。

相続放棄

相続放棄とは、その名の通りプラスの財産もマイナスの財産も受け継がずに放棄するという選択肢です。この場合、自宅などの財産も受け継ぐことができない代わりに、多額の借金があった場合でもその借金を支払わずに済むというメリットがあります。しかしこの相続放棄の手続をする場合、故人が亡くなってから三ヶ月以内に手続きをする必要があります。故人が亡くなった後は、お葬式関連の事などでバタバタしてしまってつい後回しにしてしまいそうになりますが、期限があるので十分注意しなければないけません。

札幌の相続で困った時は専門家に相談

札幌で亡くなった方の財産を相続する場合、その財産の全体像を知る本人に直接聞くわけにもいきません。遺言なども無い場合もあります。

また前述の通り、故人が亡くなった後というのは、お葬式や、各種サービスの名義変更や解約など、しなければならない事がたくさんあります。そうした中で相続関連の手続きなどを働きながらこなすのは難しい場合が多いのではないでしょうか。

そうした場合には相続の専門家に相談することがベストな選択肢であると言えるでしょう。慣れてない人が焦って相続の手続きをした結果、間違いがあったり漏れがあったりして、遅々として進まず、かかる労力も相まってかなり疲れてしまったという人もいます。専門家に依頼すれば難しい手続きをすべて任せることができますのでオススメです

誰にとっても他人事ではない

相続というのは決して他人事ではありません。しかし普段生活していて相続というものを意識する機会というのは非常に少ないことでしょう。しかしいざ親族が亡くなった後で、そうした相続の問題に直面してしまう事になるのです。

国に納税をする必要がある場合も

亡くなった方の財産が多額であった場合、残された方々が全て貰えるというわけではありません財産の一部は税金として国に収める必要がある場合があります。なお、ある一定の金額までであれば控除されます。財産が多額に及ぶ場合は、相続税の計算等も必要になりますので、この場合も専門家に依頼したほうが確実であると言えるでしょう。

まずは相続の無料相談がおすすめ

とにかく今何をすれば良いかわからないという方は、専門家の無料相談を利用すると良いでしょう。相続を扱える専門家には弁護士、司法書士、行政書士、税理士がおり、それぞれ対応できる分野は違いますが、どの士業の方でも無料相談の際に詳しく教えてもらえるはずです。

できれば依頼を前提としていない事務所で無料相談を受けることが理想でしょう。相談だけでもOKな事務所はあります。

ネットで調べても一般的な情報しかでてきません。自身の状況を正確に知るためにもまずは専門家との相談を受けてみるべきでしょう。

札幌 相続